ちーの気ままな日常


by chisazn

ふしぎ空間。

4/2
午前中、薄曇り。私はぶっ飛び。粘った人で650、とか。
一ヶ月ぶりのフライト。ってか、北野さんとこのi-hangでフレアー練習してから初めてのフライト。感覚を覚えてるかなぁと不安だったけど、大丈夫、身体はちゃんと覚えてた。かなり綺麗に、重さもなく降りた。何より、フレアーのタイミングに不安がなくなってたのが嬉しい☆

午後、さっきまでの高層雲が嘘のように取れて、青空が広がる。リフライト。
パラ尾根で1100、足尾山頂で1400、そこから既にリフト帯っぽくなっていて、燕周辺で「ただただ静かで、ゆっくりしか前に進めないけど、それだけでゆっくり上昇し続ける」空間となる。これがウェーブなのか?ふしぎ空間。どう動けばいいんだ?風に対して直角に?と思うけど、他のパラハングを見てるとそんなに北まで続いてない様子。とりあえず自分の軌跡をトレースして様子見。西風?に、正対してるよな私・・・なんでこの方向でリフト続く?それにしても寒い。一本目が暑すぎたので薄着にしたのが間違いだった・・・。
1650で燕を離れて、筑波山方向へ。まったく落ちない。足尾山頂でまたリフト、西に向けるとここでも上がり続ける。尾根より西側の方がよい?ゆっくりゆっくり、進むだけで上がる。ふしぎ。筑波山を回り込んで1550。
寒い。降りよう。フラワーパークでもとって、帰ろう。もう15時も過ぎたし。
LDに着くと誰も降りてない。むむ!しかし再びは上げれず、LD。ちょっと段差にヒザこすったけど、フレアーのタイミングはわかるのでとりあえずオーライ。持ち替えてからもっと引く、と。
ちゃんとフライトスーツ着てれば、筑波で心折れずに同じ道を戻れたんだろうか?ちょっと悔やまれる。準備って大切。
でも、ものすんごく楽しかった!ほわ~♪
f0101049_2348378.jpg
後日談。
これはウェーブの第0波だったようす。しかし、上層と下層のエネルギー差がありすぎて、第一波は存在しなかっただろう、との説。後方に波が続くには逆転層が必要らしい。シゲトと元気は難台に行ったけど何もなかった、と言ってた。
[PR]
by chisazn | 2011-04-04 00:00 |